Desire Design Tailoring

Spacial "ORDER" only for you !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Image...

トータルイメージとそのバランス・・・

コーディネート(スタイリング)に祭して、一番、気にかけているコトかもしれません。

先日、某セレクトショップ勤務の F 君と話した時に改めて感じた事なんですが、

自分のイメージを理解するって、服を買い揃える際にも、重要なポイントになって来ます。

彼曰く、『 IKEさんってカジュアルな格好をするイメージが浮かびませんよ~! 』だとか。

また、『 でも、めちゃスーツってイメージもないんですけどね・・・』とも言われました。

とても的を得た、素晴らしい観察眼でした。

ボクを知ってる人なら、『そうじゃないの?』と思う人も沢山いるでしょうが、

それはボク自身がカジュアルな格好をして出歩く事が全くないからです。

ちょっと微妙な表現をしていますが、(一般的な)スーツを着ることも、ほぼありません。

カジュアルな生地(デニムや柄物)を使って仕立てるドレッシーなラインのジャケットやスーツ、

上品な生地(ウール)を使って仕立てるロングジャケットやデザインスーツ・・・

いつも何処かに天の邪鬼的な発想を取り入れ、自身の服を創っています。

また、それらに合わせる小物(靴やベルト)も一般的な色やデザインではありません。

ただ、共通して言えるのが、決してカジュアルなディテールを施さない事。

コットンやリネンのカジュアル素材(デニムや柄物)を使っても、シルエットはあくまでもエレガントに。

細身のモードが流行る中、ずっと、ワイドピークドラペル&ワイドパンツを好んで仕立てて来ました。

どんなにカジュアルな素材や柄の服を着ようとも、エレガントなイメージから逸脱しないよう心がけてます。

また、デニムを履く事も多いので、特に靴の爪先や全体のラインには細心の注意を払っています。

エッジの効いたエレガントさを演出しようとしている訳ですから、ラウンドトゥの靴は合わせません。

偏ったコーディネートだとは思いますが、それがボク自身のイメージ作りの基本となっています。

あれこれと異なるイメージ(テイスト)に手を出してしまうと本末転倒という結果にもなりかねません。

テイストの違う物をミックスしてしまうと不協和音が生まれ、他者に違和感を与えてしまいます。

とても良いモノを着ているのに残念に見えてしまう残念な人、周りにいませんか?

イメージ作りというものは自身のキャラクターから構築しなくてはなりません。

そこをしっかりと踏まえ、理解した上でワードローブを見直していくと良いと思います。

『ローマは一日にしてならず』という言葉がありますが、

『ファッションもまた、一日にしてならず』です。



異なる二枚のリネン生地を使って仕立てたジャケット。
生地の配置を左右逆にしました・・・が、工場の方には随分とご迷惑をおかけしました。(笑)
グリーンがかったブルーのローファ&ベルトを合わせています。

P1010509.jpgP1010575.jpg


最初、自分はドコへ向かおうとしているのか?そんな不安との葛藤で悩みました。
春先から初夏にかけて、とても活躍する、今ではお気に入りのジャケットです。
Cotton & Linen のラフな素材感が柄の面白さを際立たせてくれています。
ピンクや黄色い靴とか欲しかったのですが、これ以上のインパクトは要らないので・・・
上品にラウンドし、シャープな爪先のスリッポンを。

P1010512.jpgP1010577.jpg


リバーシブルデニムで仕立てたタキシード調のジャケット。
このバラの花がバカバカしい程にカッコいいんです!(笑)
去年、最も多く着た服ですね・・・パンツもあるのですが、スーツもとても◎です!
このジャケットとパープルの靴、フリルシャツ・・・最強の組み合わせでした。

P1010529.jpgP1010555.jpg

スポンサーサイト

Top|Next »

HOME

IKE.IKE

Author:IKE.IKE
1969.6.20 生まれ (A型)
福岡県出身
Tailor & Coordinator
『されど服、たかが服』を
モットーに、妖しく愉しい
服創りを目指してます。

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。