Desire Design Tailoring

Spacial "ORDER" only for you !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Key Item !!

だんだん暖かくなり、コートを羽織らなくても良い季節になって来ました。

桜の花もずいぶん散り、気持ちも装いもすっかり春モードに。

ずっと街を歩いていると、思わずジャケットを脱ぎたくなってしまうこともしばしば・・・

そしてその軽やかな装いに華を添えてくれる重要なアイテムが、個性豊かなアクセサリー。

リングやペンダントは勿論、カフリンクスやラペルピン、ブローチなどが気になるところです。

メンズアクセと言えばクロスやスカルといったデザインがよく雑誌等で紹介されていますが、

ワタクシはあまりカッコイイ系のハードなモノより、ちょっと可愛気のあるモノを選びます。

まぁ、黒を基調としたコーディネートは年に数回しかやらないというのも理由のひとつなのですが・・・

エレガントなデザインから、キュートでユニークなものまで、その種類は様々です。

選ぶ基準は存在感、加えてその顔立ちというか、それから放たれる雰囲気漂うオーラでしょうか。

そんな出逢いを成就させる旅(ショッピング)を続けているうちに仲間も随分と増えました。(笑)

今回はその中でもちょっと個性的なブローチを紹介したいと思います。


なんとも可愛らしい苺のブローチですが、意外に活躍してくれるんです。
IMG_0849.jpg

パープルのリネンJKを始め、デニムJKの時にも大活躍のチェリーブローチ。
衿のアクセントとしては最高に良いと思います。

IMG_0855.jpg

大きめのクリスタルを使ったチェリーブローチは爽やかなコーディネートにピッタリ!
IMG_0841.jpg

グリーンの薔薇ブローチ・・・薔薇デニムJKの衿が定位置になっています。
IMG_0847.jpg

ブラウンの薔薇ブローチはアートなデニムJKの衿に。
IMG_0865.jpg

ネイビーのスーツやJKに合わせると、柔らく上品な衿元を演出してくれるカエルブローチ。
IMG_0845.jpg

こちらもスーツ(ブラウン系)のコーディネートに活躍します。(蜂?それとも虻?)
IMG_0853.jpg

金・銀の豚さん。(これはちょっとウケ狙いの時に・・・笑)
IMG_0861.jpg


ATTENTION !!
掲載されている画像、引用記事などの著作権はそれぞれの所有者に帰属し、
その権利を意図的に侵害するものではありません。
ただし、その他やサイトの構成については当ブログが所有するものとします。

IKE-IKE







スポンサーサイト

Dress Casual !!

今日はこのブログにもよく登場する、友人Sくんについて少々・・・

彼はファッション業界に於いて、確固たる個性を表現出来る、数少ないプロフェッショナルです。

人の価値観(お洒落)なんて千差万別で、正直、どれが正解だとかは言い難いのですが、

圧倒的な存在感と人を魅了するオーラを放っているのは間違いありません。

ワタクシや彼が目指すところのファッションは唯一無二というか、限りない個性の追求というか、

テーラードを基本にしたエレガントな装い(貴族ファッションのアレンジ?)の様な気がします。

最近はどんどんカジュアル思考が進み、普段にテーラードJKを羽織る人も減ってしまいましたが、

そんな中、彼のこういった着こなしはお手本になるのではないでしょうか。



淡いベージュのリネンJKに鮮やかなブルーのフリルシャツ、そしてストール・・・
程よく洗い込まれたジーンズも含め、ブルーとベージュのコントラストが素敵です。
傾けたシャンパングラスが本当に似合いますね。(笑)

IMG_0754s.jpg


このフリルシャツに合わせたこのカフリンクスがとてもエレガントでした!
フリル、カフリンクス、そしてリングと袖周辺のバランスも絶妙ですね。
中世貴族が現代に居たら・・・そんなコトを想像させてくれる、素晴らしいコーディネートだと思います!

IMG_0764.jpg


ATTENTION !!
写真掲載に関しては、ご本人様の了解を頂いております。
掲載されている画像、引用記事などの著作権はそれぞれの所有者に帰属し、
その権利を意図的に侵害するものではありません。
ただし、その他やサイトの構成については当ブログが所有するものとします。

IKE-IKE

Dress Down !!

先週末、Hさんのお誘いを受け、Lounge ROOTS Fukuoka に行って来ました。

その日のHさんは、デニムタキシードのJKにジーンズを合わせてらっしゃいました。

白いハイカットシューズ、大きくネックの開いた白のロンT、そしてニットキャップ。

セルフレームのメガネもアクセントになっていて、まさにON/OFFのお手本です!

スーツやタキシードのJKを『ジーンズに合わせて是非~』なんて言いますが、

実際、それを上手くやってる人って少ない気がするんですよね。

こんな風にカッコ良く着こなして頂いて、創り手としてはホントに嬉しい限りです。



ジーンズの色合いと白いTシャツ&スニーカーのバランスが非常にイイですよね!
スニーカーを殆ど履かないワタクシとしても、これはとても参考になります!
まぁ、このTシャツが見栄えするのも鍛えられた胸筋と腹筋があるからなんですが。(笑)

P1040938.jpg


ATTENTION !!
写真掲載に関しては、ご本人様の了解を頂いております。
掲載されている画像、引用記事などの著作権はそれぞれの所有者に帰属し、
その権利を意図的に侵害するものではありません。
ただし、その他やサイトの構成については当ブログが所有するものとします。

IKE-IKE

After The Party !!

先日、友人Sくんの誘いで、とあるブティックのパーティへ出掛けて来ました。

古着や個性的なアイテムを扱うショップのパーティだけあって来場者もみんなインパクト大!

そんな中でも、友人Sくんのスタイリングはズバ抜けた存在感を放っていました。

滑らかな黒地に輝く、蔓と葉の模様をあしらった大胆な柄域のジャケット、

緩やかなドレープを描き、ジャケットと同素材を使った側章入りのパンツ・・・

洗い晒しのフリルシャツ、遊び心あるデザインのベスト、足元には美しいコンビのシューズ。

彼のエレガントなスタイリングは本当に秀逸です。(特にパーティでの戦闘能力は高い!笑)

因に、このSくんのタキシード、ワタクシと彼の共同作業による賜物でありまして・・・

『 洋服バカ 』を自称する二人が、エレガント且つ、ゴージャスに目立つ!ことをテーマに

一緒に生地を仕入れに行き、デザインや寸法を細部までこだわって創り上げた渾身の一着です。

最近では時代の流れもあり、オーソドックスなモノや着回しの利くモノばかりが重宝されますが、

ここぞ!という時に自己を爆発的に高めてくれる、非日常的な服があってもいいですよね。

彼に触発され、久しぶりにゴージャスな服を仕立てたくなって来ました・・・(笑)



どうですか、この大胆且つセクシーな輝きを放つジャケット!!
ボタンも宝石の様にカッティングされていて、キラキラです。
因にワタクシはロングジャケットにベスト、そしてマスク!(猫男爵です!笑)

P1030274.jpg

一緒にパーティに参加した友人達とパチリ!(Rさん、マスクがよく似合ってます!)
ワタクシのロングジャケット、袖口はフレアになっています。(袖付けもスリムです。)

P1030269.jpg

Loft で購入したマスク・・・\1890-と、かなりお買い得でしたよ。
ワタクシ、結構、犬顔って言われるんですけど、何故か猫マスク・・・(笑)

P1030284.jpg



Johnny Depp !!

今、世界中で最も華のある男性のファッションを考察してみようと思います。

その男性とは、みなさんご存知の俳優、『 Johnny Depp 』氏です。

ここ数年はタイトなシルエットが流行し(定着?)、一流ブランドも例外ではないのですが、

ジョニーの着こなしは、流行とはちょっと掛け離れた、彼らしい独自の匂いを放っています。

当然、スタイリストさんが居て衣装合わせもやるのでしょうが、この世界観は秀逸です。

(セレブリティだからとか、超イケメンだからとかいうのは抜きにしての話です!笑)

コンセプトキーワードは、『外し、ルーズ、上質な粗野感 ect... 』と、そんな言葉を連想します。

このオーバーサイジングもデイリーでやっちゃうと野暮ったく見えるだけですしね。

その人の顔立ち、髪型、身長、骨格、体格、キャラクター、全ての面を考慮し積み上げることで、

コーディネートの柱になる根幹的部分が形成され、『らしさ』というイメージが出来ます。

またその『らしさ』にスパイスを加えるのがトレンドであり、シーンではないかと思います。

ジョニーのスタイリングはまさに、『らしさ』を踏まえ、スパイスを効かせた演出ですね。

自然体(素の自分)の上に成り立つだからこそ、芯が有り、他を納得させ、魅了していきます。

国内でもハリウッドセレブを真似た様な方もいっらっしゃるようですが、所詮・・・です。

『己を知る』といいますが、それはファッションについても大切なことなんです。

身の丈に合わない、無意味な背伸びをしてると、いつかヤケドしちゃうかもしれません・・・(笑)



このくすんだブルーのスーツ、とても味のある、上品なコーディネートですね。
シャツとチーフ、コンビのシューズ、同じトーンで合わせた色が絶妙です。
黒っぽいツィード調のスーツはちょっとワイルドな匂いを放っています。
もしかすると・・・ヴィンテージ物のスーツ?と思わせる程、稀少な生地とシルエット。

sweeney-todd-LA12-05-005.jpgsweeneyPA1001_468x698.jpg


これも Sweeney Todd のプレミアですが・・・この靴、一般人は真似してはイケマセン!
一ヶ所だけ、『抜き』を見せたこのコーディネート、これはジョニーオーラでのOKなんですから。
それでも酷評する人はそれなりに居たと思いますが。(ワタクシは苦手です。)
この白いタキシードのスタイリングも独特です・・・(こちらもオーバーサイズ!)
白いジャケットとシューズ、黒い蝶タイ&チーフとパンツ、しつこくないバランスかと。

johnny_depp_at_sweeney_todd_premiere_dec__3rd_20072-1.jpgjohnny-depp.jpg


かの有名な、『 レッド・カーペット 』でのシーンでしょうか・・・
このロイヤルブルーのタキシード、とても綺麗にまとめられています。(遂にジャストフィット!)
白黒コンビのシューズを合わせたことで、洗練された雰囲気を醸し出していますね。
ロングタキシードのインナーは黒で統一ですが、ネクタイとラペルの素材感を合わせて艶やかに!
コンビシューズを履くことで、ヴァネッサの衣装とバランスが格段に良くなっています。

johnny_depp.jpgdeppParadisG_468x838.jpg


見事なまでに『危険な香り』漂う紳士といった感じのジョニー・・・さすが!!
刹那の価値観に惑わされず、自身のスタイルを貫き通すジョニーだからこその着こなしです。
このままのサイジングを実際にやることは、結果的にマズい感じになりそうですが、
この秀逸な雰囲気をスタイリングの中に取り入れると、素晴らしいモノが出来そうです。

johnny_depp6.jpg


ATTENTION !!
この記事は非公式、非営利のファン一個人としての見解です。
従って、ジョニー・デップ氏ご本人、エージェント等とは一切関係ありません。
掲載されている画像、引用記事などの著作権はそれぞれの所有者に帰属し、
その権利を意図的に侵害するものではありません。
ただし、その他やサイトの構成については当ブログが所有するものとします。

IKE-IKE

Top|Next »

HOME

IKE.IKE

Author:IKE.IKE
1969.6.20 生まれ (A型)
福岡県出身
Tailor & Coordinator
『されど服、たかが服』を
モットーに、妖しく愉しい
服創りを目指してます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。